【転職希望者向け】コロナで採用活動はどう変化した?|採用コンサルが解説

「コロナで採用活動はどう変化しているの?」

「コロナ禍の今、転職するのはやめた方がいい?」

「コロナ禍の今ってどのように転職活動すれば良いの?」


今回の記事では、ベンチャー企業複数社の採用活動に携わっているポテンシャライトが、上記のような疑問にお答えします!

※本記事は弊社代表山根のnoteを元に一部改変しております。


コロナの影響で各社の採用活動はどう変化しているのか?

早速ですが、「コロナの影響で採用活動はどのように変化しているのか」いくつかご紹介していきます。


コロナ禍の採用活動の変化(1)完全に採用ストップしている企業は少ない

コロナの影響で採用活動を「完全にストップ」している企業様は、ポテンシャライトが現在取引がある企業様では僅かです。


しかし一方で、採用のスピード感、温度感が下がってきている企業が存在していることは確かです。


業界によって求人数などは大きく変化しています。


あなたが志望する業界がどのような状況か詳しく調べておきましょう。


コロナ禍の採用活動の変化(2)面談/面接は「来社orオンライン」を選べる形で対応

面談/面接を「来社orオンライン」と、選べる形での対応は、数多くの企業様が取り組んでいます。


実際に、ポテンシャライトの面談/面接もこの対応をしています。


ポテンシャライト的には面談/面接は対面でやりたい意向ではあるのですが、世の中の動き的に対面必須にはやはりできないため、転職希望者に選んでいただくようにしています。


面談/面接にオンラインの選択肢が増えたことは、地方の転職希望者にとって転職がしやすくなったと言えます。


コロナ禍の採用活動の変化(3)採用活動を「緩める」企業様は発生している

上記(1)と内容はかぶりますが、採用完全ストップはないものの「緩める」という判断をした企業は一定数あります。


ただ、昨今の求人媒体は成果報酬 or 長期掲載可能な媒体が多いため、引き続き掲載して運用もし続けている企業様がほとんどです。


企業目線で言うと、「良い方がいらっしゃったら採用を検討する」というスタンスの企業が多くなっているイメージです。


そのため、未経験者の転職は難しい傾向にあります。


未経験業界、職種に挑戦しようと思っていた方の転職は、今は控えた方が良いでしょう。


コロナ禍の採用活動の変化(4)他社が採用を弱める一方、採用強化をする企業も多い

他社が採用を弱める一方で、この機会をチャンスと捉え、採用強化をする企業も多いのも事実です。


実際に、ポテンシャライトがお付き合いする企業の「応募数」が現在伸びてきています。


転職活動をしようかどうか迷っていらっしゃる方が、今後市況が変わる(もしかしたら悪化する?)ことを予想して、「今だ!」と動いている方が増えているイメージです。


Wantedly経由でも「あ、このクラスの方から応募くるんだ…」という方からもアプローチがあったり。


また、カスタマーサクセス職など、基本的に出社して常勤をしていた方がリモート勤務になった事例も多く、リモート勤務の開放感からWantedlyから「話を聞きに行きたい」を押してみました、という事例も耳にします。


しかし、採用強化している企業の見極めはなかなか難しいかと思います。


転職エージェントを利用して転職活動を行うことで、内部情報を知りながら効率よく転職活動を行うことができます。


当社ポテンシャライトではベンチャー企業を中心に、コロナ禍でも採用活動に力を入れている企業様をご紹介することができます。


興味がある方は是非一度お問い合わせください!

ベンチャー企業に詳しいエージェントに無料相談する