ベンチャー企業とは?定義や転職にあたって知るべき情報を紹介

「ベンチャー企業に興味はあるけど、ベンチャー企業に自分がマッチしているのかがわからない」という話をうよく耳にすることがあります。ベンチャー企業からベンチャー企業に転職をする方は違和感がないかと思いますが、特に大手企業からベンチャー企業へ転職を検討している方はあまりイメージが湧かないのではないかと思っています。

そこで今回は、これまで100社以上のベンチャー企業の採用支援をしてきたポテンシャライトが「ベンチャー企業とは」という題目で説明をしたいと思っています。

目次

  • ベンチャー企業と似ている用語との違い
  • 有名ベンチャー企業の一例
  • ベンチャー企業に転職するメリットは?

  • ベンチャー企業に転職するのは危ない?

  • 自分に合ったベンチャー企業に転職する方法


ベンチャー企業とは

ベンチャー企業を「常に成長を目指して邁進をしている企業」と僕は定義しています。
実態としては2〜200名くらいの社員数であることが多いと思うのですが、1000名以上のベンチャー企業も存在しています。またベンチャー企業の定義は曖昧であって、「当社はベンチャー企業です」と言ってしまえばベンチャー企業となります。楽天、サイバーエージェント、メルカリなどはその事例なのではないかと思っています。



ベンチャー企業と似ている用語との違い

ベンチャー企業と混同しがちな用語がいくつか存在します。スタートアップ、中小企業、また社内ベンチャーなどとどう異なるのかを解説していきたいと思っています。

スタートアップとの違い

スタートアップ企業は「新しいビジネスモデルに挑戦をしている企業」と定義しています。前述した通りベンチャー企業は「常に成長を目指す」ことに対して、スタートアップ企業はブルーオーシャンの市場に対して新しいビジネスモデルで新しい価値を市場に提供する企業になります。既存のビジネスの拡張と比較しても新規ビジネスを立ち上げるわけですから生半可な覚悟では成り立たないのがスタートアップです。

中小企業との違い

中小企業は明確に定義されています。業界別に資本金、従業員数が規定以下に収まる企業のことを指します。例えばサービス業であれば資本金は5000万円以下、従業員数は500名以下などの定義があります。会社の在り方は会社それぞれですので、常に成長を目指していくのか、今の売上・利益をキープしていくのかは各中小企業によって異なります。

社内ベンチャーとの違い

社内のキャッシュを活用して新規事業を立ち上げることを指します。その新規事業を子会社化することも多くあります。早期に収益化を求められることはありますが、キャッシュが社内資金になりますので、その事業が成功しなかったとしても元手の会社が倒産することはありません。一般的なベンチャー企業よりは精神的なプレッシャーが少ないかもしれません。



有名ベンチャー企業の一例

日本においてベンチャー企業は多数存在します。その中でも特にイメージしやすいベンチャー企業をピックアップして解説をしていきたいと思っています。


(1)メルカリ

「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」というミッションをもとにCtoC向けのフリマアプリを世界に対して提供している企業です。それまではフリマアプリで世界を圧巻している企業は少なく、この市場において世界を獲得するために日々邁進をしている日本企業です。「日本で成長しているベンチャー企業は?」という質問においてメルカリの名前を挙げる方は多いのではないかと思っています。

(2)ピクシーダストテクノロジーズ

あの有名な落合陽一氏が代表を務めるベンチャー企業です。
大学で生まれた技術を、社会課題の解決手段として社会実装しており、強みは音・光・電磁波などの波動制御技術であり「デジタルネイチャー」という日本にはまだ浸透していない概念を打ち出して、世界をより良いものとすることを目指している企業です。

(3)17Media Japan

渋谷で多くの交通広告を出しているCtoC向けのライブ配信アプリの運営企業です。
スマートフォンゲームを圧巻することが期待されるCtoC向けのライブ配信企業で日本No.1の地位を獲得した企業で、世界的にもNo.1になることが期待されている企業です。2017年に設立をしてすでに100名前後の規模まで成長をしています。

ベンチャー企業に転職するメリットは?

ベンチャー企業は他企業では得ることができない体験が多数あります。僕の個人的な意見としては人生で一度はベンチャー企業を体験したほうがキャリア感も広がると思いますので、是非見ていただければと思います。

(1)面倒な決済は必要無いに等しい

ベンチャー企業は小規模な企業が多いが故に、決済者である社長、役員が隣で仕事をしていることも多いです。また、何もかも仕組みが整っていないことが多いため、会社にとってプラスであることは提案をすれば5秒でジャッチ(決済)をされることもあります。大手企業の在籍者であれば決済に要する時間は1/10ほどに短縮される肌感かもしれません。

(2)ベストプラクティスが決まっていない、マニュアルも存在しない

未経験の業務を実施する場合、マニュアルが準備されていませんでしたか?この順序で作業をすればうまくいく、というベストプラクティスが決まっている中で、いかにそのマニュアル通りに業務を進めるかが求めらてきたのではないかと思っています。ベンチャー企業はマニュアルもなければベストプラクティスは見つかっていません。新規サービスであれば「日本でその作業を実施するのは貴方だけ」ということも多々あり、業務の難易度が非常に高く、それが故に成長速度も速まります。

(3)手をあげれば何でもやらせてくれる

ベンチャー企業は、チャレンジをする人を優遇する社風であることが多いです。「これを新しくチャレンジしてみたいのですが」と上長に提案すると「検討する」と言われ、何も事が進まなかったご経験はないでしょうか?ベンチャー企業はビックリするくらいその点において寛容です。社長に新しいことにチャレンジをしてみたい、と提案すると「良いね、やってみようか」と即答でお返事をいただけることが多いと思います。自分がやりたいことを実現できる可能性は非常に高いと思います。


ベンチャー企業に転職するのは危ない?

ベンチャー企業に転職をして失敗する事例も多数見てきています。ある程度覚悟は必要ですし、何よりベンチャー企業でのデメリットもきちんと把握してから転職をすることをお薦めしています。

(1)責任が大きいが故にプレッシャーが大きい

例えば10名の企業をイメージしてください。社長、役員、営業2名、エンジニア2名、デザイナー1名、管理部門2名、事務1名だと仮定したときに、貴方が営業だったとして、売上の50%は貴方が担保しなくてはなりません。もし貴方が大幅に売上ショートをした場合は会社の経営は大きく傾く可能性が大いにあります。ベンチャー企業は責任が大きく経営に対してのインパクトがあると同時に、プレッシャーも大きいのです。そのプレッシャーに打ち勝てなければベンチャー企業への転職は再考しても良いでしょう。

(2)ルールが決まってないが故に、0⇒1を考えることが苦手な方は難しい

とにかくルール、マニュアルなどはほとんどありません。今まで大手企業に在籍をしていた方は大きなギャップを感じるかと思います。就業規則がない企業もあるでしょう。自らルールを作り、0⇒1を作る環境にワクワクをする方はベンチャー企業にマッチするかと思うのですが、その環境に苦手意識を感じる方はベンチャー企業では難しいかもしれません。

(3)「こうあるべき」論が強い方

ベンチャー企業は正解を見つけることが難しいです。なぜなら日本に正解事例が少ないことが多いからです。そこで「こうあるべき」という考えが強い方は失敗することが多いでしょう。今までの経験、知見が全く通用しないこともあり、プライドを捨てて仕事をしていかなければならない環境になるわけです。



ベンチャー企業にはどのような人が向いているのか?

ベンチャー企業に向いている人、向いていない人を僕はたくさん見てきました。どんな方が向いている、向いていないのかを解説していきたいと思います。

・ベンチャー企業に向いている人

「口より先に足が出る方」でしょうか。
前述しましたが、ルールもマニュアルもないベンチャー企業にとっては、文句を言う暇があればPDCAを回してベストプラクティスを見つけてほしいのです。口よりも足が動く方はベンチャー企業に向いていると言えます。突然真っ暗なトンネルに放り込まれたとしましょう。その中で出口を探さなくてはなりません。そのときに皆さんならどうしますか?1時間立ち止まって文句を言い続けるのか、真っ暗な中で出口を探し続けるのか。出口は自ら見つけなくてはならないのです。それはベンチャー企業で正解を見つけることと同じなのです。


・ベンチャー企業に向いていない人

「自ら機会を創出することが苦手な方」でしょうか。
ベンチャー企業の求人はザックリした内容が多いです。なぜなら職務内容は詳細に決まっていないからです。いや、詳細に決めることが難しいのです。正解がまだ見つかっていない中で、自ら機会を創出し続け、正解を模索し続ける方ではないとベンチャー企業での活躍は難しいと思っています。それであれば正解がある程度わかっている大手企業に転職をしたほうが良いかと思っています。


自分に合ったベンチャー企業に転職する方法

ベンチャー企業はビジネスモデルや規模感、そして社長の性格によってマッチするか否かが決まってきます。ベンチャー企業の中でも自分に合った企業の探し方を解説します。

(1)Wantedlyに登録をしてスカウトメールを待つ

少し受け身な手法ではありますが、日本の転職サイトにおいて最もベンチャー企業が活発に使用している求人媒体はWantedlyです。またWantedlyは現状40000件以上の求人が掲載されており、自ら求人を探すのは困難を極めます。ただ、採用活動に熱心なベンチャー企業ほどスカウトメールを活用しており、スカウトメールが自分にマッチした文章であれば一度お話を聞きにいくことをおすすめします。

(2)知人でベンチャー企業に勤務をしている方に実態を聞いてみる

とにかく色々な種類のベンチャー企業の話を聞いてみてください。知人でベンチャー企業にチャレンジをしている方には積極的にお話を聞いてみたほうが良いかと思います。ただ、ベンチャー企業の社風は社長に依存していることが多いため、1名の話を聞くのではなく、多くの方の話を聞いて、自分にマッチしたベンチャー企業像を見つけてみるのは良いかと思います。


(3)ベンチャー業界に詳しいエージェントに相談する

ベンチャー企業専門のエージェントに相談をすると自分に合ったベンチャー企業を選別していただけるでしょう。
当社ポテンシャライトはこれまで100社以上の人事代行をして参りました。つまり100社の人事業務を請け負っておりましたので、それらの企業のタイプ、内情は熟知しています。またベンチャー企業専業になりますので、その他ベンチャー企業も多々内情を理解しております。

ベンチャー企業への転職をご検討の方はお気軽にご連絡ください。 


スタートアップ企業に特化したプロエージェントに相談する(無料)


Yamane Kazuki

新卒で入社した大手人材系企業にてマネージャーとして人材紹介事業に携わり、その後、IT/インターネット/ゲーム業界に特化した人材紹介会社立ち上げに参画。同社在籍時にはリクナビネクスト主催のキャリアカウンセラーランキング1位(3000名中)を獲得。2017年4月、株式会社ポテンシャライトを創業し、人材紹介事業と採用コンサルティング事業を推進している。