ベンチャーに転職して年収をあげるには?具体的な方法5選

こんにちは!


ベンチャー企業に特化した採用ブランディング・人事採用支援、エージェント事業を行っているポテンシャライト、ライターの川口です。


転職活動をはじめる理由のうちの一つとして、「給与・年収を上げたい」とお考えの方は多くいらっしゃると思います。


ただ、ベンチャー企業は大企業と比べると年収が低いとお思いの方は多いのではないでしょうか。


そこで今回は、以下のような悩みや不安を解消するべく、記事を書いていきます。


「ベンチャー企業に転職して年収をあげるには?」
「ベンチャー企業に転職して年収が上がった人はどれくらいいるの?」


これからベンチャー企業への転職を考えている方も、既にベンチャー企業への転職活動中の方も、本記事を参考にしていただければと思います!

ベンチャーに転職して年収を上げる方法5選

それでは具体的に、転職して年収を上げる方法を5つご紹介していこうと思います。

ご自身で実践できそうなことは、積極的に取り入れて頂ければ幸いです。



ベンチャーに転職して年収を上げる方法①:ミドルフェーズ以降の企業を選ぶ

ひとくちにベンチャー企業と言っても、企業フェーズによって大きく待遇・業務・特徴などは大きく異なります。


具体的には、


  • 超初期段階のシードフェーズ
  • 初期段階のアーリーフェーズ
  • 中期段階のミドルフェーズ
  • 成熟段階のレイターフェーズ


が存在し、転職して年収を上げたい!との方には少なくともミドル・レイターフェーズのベンチャーをおすすめします。


もちろんシード・アーリーフェーズもストックオプションでの報酬や役員になれる確率も高く、中長期的に見れば、年収を上げることは可能です。


ご自身の志向で、転職したい企業フェーズを選定いただければと思います。



ベンチャーに転職して年収を上げる方法②:職務経験を棚卸する

ベンチャー企業に転職かつ年収を上げたいとなると、絶対的に即戦力であることが条件となります。


そして転職の際には、「現職がどこであるか」よりも、「あなた自身になにが出来るか」が最重要視されます。


そのため、今までの職務を棚卸し、「ハードスキル」「ソフトスキル」「具体的な業務内容」「強み」「弱み」などを言語化しておきましょう。


履歴書、エントリーシートに記載はもちろんのこと、転職面接の際にも、あなた自身が本当に即戦力となり得る人材か、経験をもとに判断されます。


あなた自身の経験をしっかりと伝えられるように、職務経験を棚卸することは必ず行っておきましょう。



ベンチャーに転職して年収を上げる方法③:長期スパンで考えてみる

企業フェーズの箇所でも少しお話ししましたが、シード・アーリーベンチャーが上場まで駆け上ることがあれば、あなたの役職も年収も大きく変化があることでしょう。


このように、1年・2年の目で見ると年収アップに繋がらなくても、中長期的にみると現職にそのまま勤め上げるよりも結果的に得をするかもしれません。


特に、ストックオプションは数千万〜数億円単位の利益も考えられるので、ご自身の転職するベンチャーが本当に成長できるか、そしてご自身で成長に貢献できるかをしっかりと見極めていく必要があります。



ベンチャーに転職して年収を上げる方法④:福利厚生に着目する

あまり給与知識が豊富でない方だと、額面の給与に囚われてしまい、実は損をしている場合もあります。


そのため、基本給だけにとらわれることなく、各種手当などの福利厚生に着目してみるのも良いでしょう。


福利厚生には、「家賃補助」や「扶養家族手当」などが存在します。これらの各種手当を合算すると、基本給に加えて月10万程度上乗せされる、なんてこともよくある話です。


また、楽天などでは「金銭的なサポートだけではなく、社員の暮らしと心身の健康をしっかり支える仕組みを提供する」べく、3食無料のカフェテリアで健康的な食事を提供しているほか、体を動かしてリフレッシュできるよう最新設備を備えたジムや育児と仕事を両立するための社内託児所や制度等も整備されています。


こうした福利厚生が充実していることは、基本給が低くてもトータルで考えると年収アップできる要素なので、しっかりと確認するようにしましょう。



ベンチャーに転職して年収を上げる方法⑤:特化型のエージェントを利用する

転職活動が初めての方や、年収交渉に自信がない方は、「印象が悪くならないか心配」「お金の話はしづらい」など悩まれるのではないでしょうか。


また、「交渉するぞ」と思っていても、いざ切り出せなかったなんてこともよくお聞きします。


そして、ベンチャー企業の場合、同じ業界/業種でも年収が違う、なんてことはざらにあります。


こうした悩みを解消するためにも、ベンチャー企業への転職は、ベンチャー企業に詳しいエージェントに依頼することをおすすめします。


希望年収なども市場全体を把握している客観的な視点からアドバイスをもらうことができます。


当社ポテンシャライトでは、これまで160社以上の人事代行をして参りました。


つまり160社の人事業務を請け負っておりましたので、それらの企業のタイプ、内情は熟知しています。


またベンチャー企業専業になりますので、その他ベンチャー企業も多々内情を理解しております。ベンチャー業界での豊富な経験を生かし、あなたにあった企業をお探しします。


ベンチャー企業への転職をご検討の方はお気軽にご連絡ください!
ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)