面接がうまくいかない人にありがちな勘違い!?



「面接がうまくいかないんです...」

大変多いご相談です。

・思ったことが上手に話せなかった
・鋭い質問をされて対応できなかった
・緊張してフワフワしてしまった

・一貫性のない話をしてしまった

などなど、みなさんも一度は経験があると思います。
そんな方に、私がいつもアドバイスさせていただくことを本日はご紹介いたします。




★ありがちな勘違いとは?

それは、

「面接はあなたが試される場ではない」

ということです。


「えっ、面接ってそういう場でしょ?」
アドバイスをさせていただいたご転職者様はみなさん驚かれます。


いえ、これは勘違いです!
面接がうまくいかない方の多くは、この思い込みをしています。


試験を受けるような意気込みで、「私は一挙手一投足を試されているんだ!」と心のどこかで思っていらっしゃいませんか?
志望度の高い企業様ならなおさらですよね。


しかし、自分が減点方式で採点されている感覚で、面接に臨まれてもうまくいかないですよね。
確かに新卒採用だと1度に大量の方々が受けるので、○次面接までは減点方式で絞りこむこともあるでしょう。

反対に、中途採用は1度に大量の候補者と競うことは稀です。
まして候補者の少ないベンチャー企業であれば、”減点方式”で絞りこむことはありません。

試されているという思い込みから解放されること。
そうすると面接がうまくいってご内定にたどり着けるケースが多いですよ!





★面接がうまくいくマインドセットとは?

では、代わりにどんなマインドセットをすればいいのでしょうか?

それは、

「面接はお互いの考えや想いを確認する場」とマインドセットすることです。


あなたが企業に「一方的に試されている」のではありません。
あなたも企業を「選択できる」立場です。
ぜひこれを忘れず面接に臨んでほしいのです。


あなたのやりたいこと、これから思い描いていることを率直にお伝えする。
企業からは、こんな展開を考えている、こんな組織を作りたい、こんな人と一緒にビジネスをやっていきたいというのを伺います。

その中で、会社/組織/仕事内容/環境に興味がわくか、”あなたが検討していい”のです。
一方的な矢印があなたに刺さっているのではなく、お互いに向かい合ってボールを投げ合っているイメージです。


「試される」と思えばやはり緊張しますし、うまく喋らないといけない!と空回りし、本来の実力を発揮できず、撃沈してしまいます。

負のループといいますか、「面接がうまくいかない」と思ってしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなります。

「転職活動に疲れてしまって…」とおっしゃる方も多いです。あなたもそのお一人かもしれませんね。


誰でも多少の緊張はするでしょうが、折角の機会に自分をコントロールできず舞い上がってしまうのはもったいないです。

肩の力を抜いて、できるだけいつものあなたで臨みましょう!





★「”お互いに”確かめあう場」と思うことで得られる変化

このマインドセットをすると、嬉しいことに皆さんに”ある変化”があらわれます。

それは、

「面接が楽しくなりました!」

というものです。


マインドセットはとても威力があり、心がけ1つで劇的に変化があるのでぜひお試しください。

実は、企業様からよくいただくフィードバックに下記のようなものがあります。

「緊張されていたのか、本音がイマイチわからなかったし、質問と回答がズレる場面がありました。次回はリラックスしていただいてざっくばらんにお話したいです。」

というもの。

つまり、普段通りのあなたとお話がしたいですよ!ということなんです。


安心してください。あなたは決して「試されている」のではありません。

ベンチャー企業は、候補者の方が数ある企業の中から、自社の採用を受けてもらえていること自体を「ありがたいな」と思っています。


あなたはすでに歓迎されているのです。





★面接官との会話を楽しもう!

面接は、丸暗記した志望動機や入社後にやりたいことを披露する場ではありません。

目の前にいる面接官との会話に集中して、相手のお話をよくよく聞いて、あなたも自分の言葉で考えをお話しましょう。

私どもとのキャリア相談の面談でお話されるときのようにリラックスしてぜひ行ってみてください!

そうすると「もっと知りたい!」「どうしてそう思ったのか聞いてみたいな!」などなど、相手に興味をもって会話ができます。面接の充実度もグンと上昇します。


面接の合否がどうであれ、「ちゃんと向き合えて話せた」経験は、あなたにとって満足のいく転職活動になります。



最後に、どうしても面接が苦手な方にもう1つアドバイスです!

やはり面接も回を重ねれば調子を掴めてきます。
最初の面接では、頭で考えていることと、口から出る言葉が一致しません。
本命の企業を受ける前に2~3度、企業との面談や面接を体験されるのがオススメです!

もともと緊張しやすい方、話すのに苦手意識のある方、久々の転職活動の方は、ぜひ取り入れてみてください!






いかがでしたか?

「面接はお互いの考えや想いを確かめあう場」。

このマインドセットをして面接に臨んでみましょう!!

いい出会いになるように応援しています。


ポテンシャライトでは、経験豊富なキャリアカウンセラーが、あなたの面接の練習にもお付き合いいたします!

お気軽にお問合せください。

<ベンチャー転職のキャリア相談は、下記をクリック!>

大戸宏子/キャリアカウンセラー

ベンチャー特化型採用コンサル会社ポテンシャライトに勤務、キャリアカウンセラー。転職メディア「Startup's way」編集長。
新卒でトイザらスに入社、その後管理部門特化型エージェントで営業。IPOベンチャー〜東証一部上場会社まで幅広く担当。
当時の売上連続達成記録更新。社内表彰複数回受賞。

好きな言葉は「今ここにない未来は自分で創る」