面白いベンチャー企業一覧|大企業とは違う面白さがある15社を紹介

「ベンチャー企業も視野に入れて転職を検討している」

「個性的なベンチャー企業が多いと聞くが、どんな企業があるか知りたい」

今回の記事ではこんな方々へ向けて、大企業とは違った面白さがあるベンチャー企業15社を、ご紹介していきたいと思います。


面白いベンチャー・スタートアップ企業の特徴

ベンチャー企業は、事業内容や経営者の面白さに加え、独自の福利厚生や、オフィス環境などが特殊であったりします。その他成長スピードが面白いなど、人によって面白いと言えるポイントがたくさんあると思います。


働き方が面白い

ベンチャー企業の中には、コアタイムが10時から14時のみの企業や、そもそもコアタイム自体が存在しないフルフレックス制の企業などがあります。そのため、ライフワークバランスを重視した働き方ができることが魅力です。


福利厚生が面白い

ベンチャー企業は人と人との繋がりを大切にする傾向が強く、部署問わずランダムでランチをするシャッフルランチ制度や、社内での飲み会に補助金を出す制度など、企業によって様々な福利厚生があります。


オフィス環境が面白い

オフィス内にビリヤード台やダーツ台があったり、リフレッシュするために和の休憩空間があったりと、仕事の効率を最大化させるため、最適な環境づくりに取り組んでいるベンチャー企業は数多くあります。


事業内容が面白い

今まで誰もやっていなかった分野、業界に飛び込んで新たなビジネスにチャレンジするベンチャー企業は多くあります。一度成功のきっかけを掴むと一気に注目度が高くなり、その成長スピードの速さは非常に面白く感じるでしょう。


経営者が面白い

ベンチャー企業は、起業する人の多くが若手の傾向が強く、若い社長は珍しくありません。なかには、大学生が在学中に起業した会社も存在します。そうした経営者は若手ならではの視点で、お堅い社長とは違った良さがあります。

働き方が面白い企業一覧

それでは、実際に働き方が特徴的で面白い企業から見ていきましょう。


エウレカ」のペット同伴出勤制度

株式会社エウレカは恋愛・婚活マッチングサービスの「pairs」やカップル向けのコミュニケーションアプリの「Couples」などのサービスを提供する企業です。

エウレカではペットを連れて出社し、オフィスで仕事をすることができる「ペット同伴出勤」が可能です。ペットを家族同然として考える雰囲気が広まっている、ペット好きにはうってつけの企業です。


サイボウズ」の選択型人事制度

東証一部上場企業でありながら、代表取締役社長の青野氏自身が育児休暇を取得したことも話題となったサイボウズ社。企業間プロジェクトから家族などの小規模なチームまで幅広いチームを支援するツールを開発・提供しています。

サイボウズでは『選択型人事制度』として「ワーク重視型」「ワークライフバランス型」「ライフ重視型」の3タイプの勤務方法を毎年自由にワーキングスタイルを変更できるのです。


キャスター」のリモートワーク制度

株式会社キャスターは、日々の人事総務や経理、WEB運用やデザインなどに関する業務を、キャスターのオンラインアシスタントに依頼できる『Caster Biz』を中心としたサービスを提供している会社です。

キャスターは「リモートワークを当たり前にする」ことを目標に全従業員の約9割がリモートで勤務しています。コミュニケーションが必要な業務もなるべくテキストで行うなど、新しい働き方改革に力を入れています。


福利厚生が面白い企業一覧

次にベンチャー企業ならではの、福利厚生が独特で面白い企業をご紹介していきます。


パスクリエイト」の早起きは1,000円の得制度

パスクリエイト株式会社は、オウンドメディアの運用やWEB広告運用・サイト構築・WEB分析といったWEBマーケティング事業を中心とするベンチャー企業です。

パスクリエイトでは、始業時間の1時間以上前に出社した人は500円/日、2時間以上前に出社した人はなんと1000円/日が会社から支給されます。早起きによるリズムのある生活習慣や、朝の気持ちが良くて効率が良い時間での自主的な業務推進を応援する制度があります。


メディロム」のクレドポイント制度

株式会社メディロムは関東を中心にリラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku 」を180店舗以上展開しています。

メディロムでは、経営理念であるクレドを浸透させ、社員のやるきを高めるべく「クレドポイント制度」を導入しています。クレドにふさわしい魅力的な行動をしたメンバーに付与し合い、蓄積されたポイントはディズニーペアチケットやホテル宿泊券などと交換ができます。


ワヴデザイン」の11ヶ月働いて1ヶ月休む制度

ワヴデザイン株式会社は、プロモーション・ ブランディングを中心に、ウェブ、アプリ、プリンティング、ムービーの制作を手掛けるデザイン会社です。

同社では2012年より、11ヶ月働いて1ヶ月休む制度を導入しました。休暇中の1ヶ月間は何をしてもよく、趣味や習い事、旅行、スキル磨きなど、休むだけでなく自分の好きなことに時間を使うことができます。


オフィス環境が面白い企業一覧

続いて、オフィス環境が面白い企業をご紹介していきます。


freee」のオフィス内卓球場

freee株式会社は個人事業主や中小企業向けのバックオフィスを効率化するための「会計freee」「人事労務freee」などを開発、運営するFinTech企業です。

freeeは「フリーで創造的に活動できるオフィス」をコンセプトに自由度の高く開放的な環境を提供しています。オフィス内に卓球台や筋トレマシーンなどもあり、休憩中に気軽に利用することができます。

オカムラ」のラボオフィス

株式会社オカムラは顧客の様々なニーズに応えたオフィス家具の製造を主な業務としています。

そんなオフィス家具メーカーらしく、快適な働き方ができるよう、4つのテーマのラボオフィスを設けています。クリエイターが活躍する空間の「CO-SO LABO」、元気で生き生き働くための「KEN-CO LABO」などオフィスから働き方改革を行う試みです。

帰ってきたくなるオフィスの「グライダーアソシエイツ

株式会社グライダーアソシエイツは日々、発信される多くのコンテンツの中から良質な情報とユーザーとの出会いの場を創出するキュレーションアプリ antenna*[アンテナ]を提供しているベンチャー企業です。

六本木ヒルズの35階にあるエントランスをくぐるとそこには内部は会議室となっている巨大な飛行機の機体があります。そして内部のカフェスペースには車の形をした冷蔵庫もあり、とにかくおしゃれにこだわったオフィスとなっています。


事業内容が面白い企業一覧

続いて、事業内容が目新しく面白い企業をご紹介していきます。


お菓子のサブスク「スナックミー

株式会社スナックミーは2015年9月に設立し2016年2月には、おやつのサブスクサービス「snaq.me」をスタートしました。4週間または2週間に1度、8種類のおやつを詰め合わせた、おやつBOXがユーザーに届くサービスです。

一番の特長はテクノロジーとおやつの融合です。テクノロジーをフル活用して、お客様ごとにお届けするおやつをシステムがセレクトしています。セレクトはユーザーがこれまでした評価データを活用しており、そのデータを使って新商品の開発もしています。


スポーツ系ベンチャーの「ookami

株式会社ookamiは、2014年4月に設立されたスポーツ系ベンチャーで、これまでグリーベンチャーズやみずほキャピタル、アシックス・ベンチャーズなどから資金調達を実施しています。

同社が提供する「Player!」はいつでもどこでもスポーツ観戦をできるだけでなく、チームや大会のフォロー機能があったりと、スポーツに特化したSNSです。インターネットや情報技術、新しいテクノロジーを使って、スポーツビジネスに刺激を与えるべく事業を展開しています。


個人でも服を作れる世の中に「sitateru

株式会社シタテルは2014年3月に設立されたアパレル系のベンチャー企業です。

服を作りたい企業や個人と裁縫工場をネット上でつなぎ、小ロットでも服を作れるサービスの「sitateru」を運営しています。

誰もが自由に服を作れる未来をテクノロジーの力でつくるべく、ファッションテック(ファッション×IT)の領域で事業を拡大させています。

経営者が面白い企業一覧

アル」のけんすう(古川健介)さん

アル株式会社は、数万件以上のマンガのデータベースを元に、作品のファンが見どころを投稿したり、おすすめ作品を投稿できるweb版のサービスと、自身の購入しているマンガの履歴から、新刊の通知を自動的で行うiOS版サービスを提供しています。

アルの代表のけんすうさんは、「僕が5万円払うから、僕にコミュニティ作りを教わりたい人募集します。」などと、一見変わった、「情報の民主化」を目指して、さまざまな活動を続けています。


面白法人カヤックの柳澤大輔さん

「面白法人カヤック」こと、株式会社カヤックは「つくる人を増やす」の経営理念のもと、面白いサービスを次々にリリースするクリエイター集団です。

そんなカヤックでは、柳澤氏が考案したサイコロを振って給料を決める「サイコロ給」や全社員が人事部に所属する「ぜんいん人事部制度」など、ユニークな社内制度で、面白く働ける環境づくりに取り組んでいます。


メイプルシステムズの望月祐介さん

株式会社メイプルシステムズはエンジニア・デザイナーがどこよりも成長できる「キャリアファーストの会社」を目指す、SES事業と自社サービスの開発を行うITベンチャー起業です。

自身もエンジニアである代表の望月さんは、「全ての仕組みに逆張りを」というビジョンの元に経営を行っています。例えば「離職率100%」を掲げ、社員の成長を第一に考え、社会の「当たり前」に逆張りをしています。


自分に合ったベンチャー企業に転職する方法

面白いベンチャー企業についてご紹介してきましたが、実際に自分に合ったベンチャー企業に転職する際にオススメの方法をご紹介します。


求人媒体を利用する

求人媒体を利用すれば、「年収」「勤務地」「福利厚生」など、自分の希望に沿った条件で企業を検索することができます。数多くの求人を一度に比較できることがオススメです。


知人から紹介してもらう

ベンチャー企業への転職は、リファラル制度(知人からの紹介)を利用したといったケースが多くあります。そのため、実際にベンチャー企業で働く知人に紹介してもらうのもオススメです。


ベンチャー業界に詳しいエージェントに相談する

この記事内でご紹介したのはごく一部の企業であり、ベンチャー企業は幅広くあるため、メディア掲載の少ない面白いベンチャー企業というものも多く存在します。


そのため、ベンチャー企業の内情をよく知っているエージェントなどに相談することをオススメします。

当社ポテンシャライトでは110社以上のベンチャー企業の採用業務を代行してきた経験からあなたに合った企業をお探しします。ぜひポテンシャライトに相談してみてください。


ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)