転職相談は誰にすればいいの?相談前の準備すべきポイントも紹介

「今の仕事に面白みがなく転職をなんとなく考えている」
「転職の相談って誰にすれば良いのだろう...?」


このように転職をなんとなく考えつつも、誰に相談すれば良いのだろうとお悩みの方は少なくないのではないでしょうか。


今回の記事では、転職相談は誰にするべきなのか、どのような準備をするべきなのかということについて転職のプロであるポテンシャライトが解説していきます。



転職について相談したい人は多い

転職にあたって、悩みや不安を相談したいという方は大勢いらっしゃいます。

はじめての転職であれば尚更ではないでしょうか。


「どのように転職をすすめていけばよいのか」「転職に必要なものは何か」など分からないことが多くありますよね。


そんな時はご自身で抱え込まず、誰かに相談するようにしましょう。

相談を通して、自分の思考が言語化できたり、知らなかった知識、知見を得ることができます。



転職相談するのは誰が適切なの?

それでは、転職相談は誰にするとよいのでしょうか?皆さんがよく相談相手にされる方の、メリットと懸念点についてお話ししていきます。


転職エージェント

転職エージェントは転職のプロです。過去に何人もの求職者の転職をサポートした経験のもと、様々なアドバイスをもらうことができます。


また、転職を考えているということを身内の人にバレることなく転職をすすめることができます。


転職のプロとはいえども、「はじめから真剣に転職を考えて相談に来ました」というスタンスで話す必要は全くなく、「なんとなく転職を考えていて力になってほしい」という方にも転職エージェントとの転職相談はおすすめです。


ただ、転職エージェントは転職を成功させることが仕事です。ですので貴方が転職に乗り気でなかったとしても、求人を紹介し転職させようとする場合があります。


転職は自分の意志でするものですので、もしそのようなことがあっても流されることなくご自身でよく考えてどうするか決めるようにしましょう。


会社の同僚・上司

会社の同僚や上司に相談すると、現在の自分の働き方などをよく理解してくれているため、相談しやすいのではないでしょうか。


特に同僚であれば、境遇が近いため同じ目線から相談に乗ってくれると思います。


現職に悩みや不満があるのであれば、どうしたら改善していけるか一緒に考えて、結果として転職せずにすむ、なんてこともあるでしょう。


ただ、同僚や上司に相談すると転職を考えているということが社内に広まってしまう恐れはあります。そうすると仕事がますますまわってこなくなったり人事からの評価が下がったりと、なんとなく転職を考えていた方でも現職を辞めざるを得なくなってしまうかもしれません。


環境が近い会社の知人

自分と似たような環境で働いている知人に相談してみてはいかがでしょうか。


同僚とは違って社外の人であるので本音で話しやすいということや、自分自身のおかれている環境と知人の環境を比較してみたりすることで、自分は恵まれているんだと感じることがあるかもしれません。


転職をするということは新たな世界に飛び込むということなので、別の世界を知るいいきっかけになります。


また、知人の場合、転職相談をすることでおこりうる懸念点がないといってもよいでしょう。



転職相談する前に準備しておくと良いポイント

転職相談をする前に準備しておくと良いポイントについていくつかご紹介していきます。


現職を分析する

基本的に転職をお考えの方は、現職で何かお困りのことがあるのではないでしょうか。


ですから、現職を分析してどのようなことが悩みでどのようなところは良いと思っているのかを分析しておきましょう。


分析する際に考えておいた方がいいポイントをいくつかご紹介します。

  • 給与、待遇
  • 労働時間
  • 人間関係
  • 業務内容

これらの点で満足か不満なのか考えておくだけでも転職相談はしやすいです。


相談内容を洗い出す

「何を目的とした相談なのか」「何を相談したいのか」をある程度明確にしておきましょう。


こうしたことをしっかりと考えた上で相談に望まないと、ただの愚痴大会になってしまったりと、相談しても何も変わりません。


「転職理由を一緒に考えてほしい」や「現職の課題は解決できないのか」など、どんなことでもかまいません。


何を目的とし何を相談したいかは、転職相談前に考えておく必要があります。


自分の理想を想像しておく

転職相談をする前に将来の自分の理想像を描いてみてはいかがでしょうか。


まずは、どのような自分になりたいか、なっていたいかを想像することで今やるべきことが何なのか見えてくることもあります。


理想がぼんやりとしていると、そもそも転職すべきなのかすべきではないのかも曖昧になってきます。


そのため、1年後でも5年後でも良いです。自分がこうなっていたいという目標を定めておきましょう。具体的なイメージがあることで、転職相談が有効に活用できます。



転職相談におすすめのエージェント

最後に、転職相談をするにあたっておすすめのエージェントをいくつかご紹介していきます。


若手の方におすすめ「マイナビエージェント

まだ経験の浅い若手の方の転職相談は、マイナビエージェントがおすすめです。

20代に信頼されているエージェントNO.1(2018年1月 楽天リサーチ調べ)にも選ばれています。


転職相談をされる方の多くが20~30代のため、同じような悩みの解決策をノウハウとして蓄積しています。


マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。


業界・職種別に専任制のチームを編成しているため、業界や職種についての深い知識と理解を強みとしています。


「20代の転職マニュアル」「30代の転職マニュアル」など、あなたの年齢に沿った転職をサポートしています。


ハイクラスの方には「ビズリーチ

ビズリーチはこれまでの実績や経験をもとに、さらなる成長を目指すハイクラスな方々におすすめです。


年収600万以上の方に支持される転職サービスNo.1(シード・プランニング社調べ)を獲得するなど、多くのエグゼクティブ層、ハイクラス、高年収の方々に最適なサービスです。


キャリアに関するプロフェッショナルである「ヘッドハンター」や企業からのダイレクトリクルーティングもあり、確度の高い転職活動を行うことが出来ます。


利用者自体の質も高いため、転職相談の際のキャリアアドバイザーの質も非常に高いことが特徴です。


ハイクラスだけど転職に困っているという方はぜひ登録しましょう。


ベンチャー業界の相談なら「ポテンシャライト

ポテンシャライトでは、スタートアップに特化した転職キャリア相談サービスを行っています。


転職サイト・転職エージェントでは取り扱っていない厳選したスタートアップの求人をご紹介していることが特徴です。


ポテンシャライトのキャリアカウンセラーである山根は10年間で5000人を超えるキャリアカウンセリング実績、リクナビネクスト主催のキャリアカウンセラーランキングで1位を獲得しており、圧倒的な情報量が強みです。


スタートアップに特化した採用コンサルティング会社として、経営者のこと、企業の内情や採用方針まですべて把握しているので、あなたの希望やキャリアプランにあったスタートアップを必ずマッチングします。


まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!

ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)



自分にあったサービスを活用して、転職を成功させよう!

いかがだったでしょうか。

はじめのうちは同僚や知人に相談しつつ、転職エージェントとの転職相談をうまく活用して、あなたの転職をより具体的にしていきましょう。


また、ご紹介してきたように、エージェントごとに強みや特徴が異なります。あなたの志向に沿ったエージェントを利用することが大切です。


当社ポテンシャライトでは「スタートアップ・ベンチャー企業」に特化した転職支援を行っています。


「スタートアップ・ベンチャー企業」に転職をお考えの方は、ぜひ一度転職相談にいらしてください。お待ちしております。

ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)