転職におすすめの時期・業界・職種・サービス、すべて公開します!

「転職に適した時期はいつだろう」
「業界や職種もいろいろ見てみたい」

「どのサービスを利用すればいいかも知りたい」など


今回の記事では、転職において様々なお悩みの皆さんに向けて、

転職におすすめの時期・業界・職種・サービス、すべて公開します!

転職をお考えの方は、ご参考にしていただければ幸いです。

転職におすすめの時期

転職するならこのタイミング!という、転職におすすめの時期をご紹介していきます。


求人が増え始める3月・9月

1年の中で、中途採用が最も活発になり求人が増加する時期は、3月と9月という傾向があります。


なぜなら、大半の企業が上期・下期の期初を迎える4月と10月の新卒・中途社員の入社を見込んで採用活動を行うためです。


この時期は、新規事業の開始や年度の切り替えに伴って退職者の後任を入れる必要があるために企業における採用ニーズが高まります。


求人が多いと様々な求人を見比べることができるため、3月・9月を機に転職をするという方は多いです。


結婚などライフスタイルの変化で、働き方を見直したい時

結婚や出産など、ライフスタイルが変化する時期は転職に適したタイミングであるといえます。


仕事が好きで残業や休日出勤が多く行っていた場合でも、結婚を機にライフワークバランスが安定している職に転職する方は、実際多くいらっしゃいます。


また、家庭を持つとなにかとお金がかかるので、金銭的な余裕を持つために転職を考える方もよくいらっしゃいます。


ライフスタイルが変化するタイミングというのは、転職を考える良いきっかけです。


違う業界にキャリアチェンジをしたい時

未経験の業界や職種に転職することを「キャリアチェンジ」といいます。


「憧れの仕事にチャレンジしたい」「違う業界で働きたい」などの理由で転職を考えはじめている人もいるでしょう。


あこがれの仕事など、どうしても挑戦したい仕事があるなら、思いきってキャリアチェンジするのもひとつの選択です。


年齢を重ねるにつれてキャリアチェンジのハードルは高くなっていく他、まったくの未経験業種・職種に転職する場合は、収入ダウンも考えられます。


そのため、キャリアチェンジをしたい場合は早めに転職をした方が良いでしょう。



転職におすすめの業界・職種

次に、あなたの志向や属性別に、おすすめの業界・職種をご紹介していきます。


流行ものが好きならIT業界

現在の私たちの生活には、IT技術がかかせないものとなっています。各自治体や企業などでICT(情報通信技術)を支えるIT人材を確保、育成することが課題となっています。


慢性的に人材不足に陥っているため、IT業界では業界未経験であっても、伸びしろや過去の経験から活躍を期待する「ポテンシャル採用」が積極的に行われています。


IT業界はニーズが拡大している分野でもあるため今後の需要はさらに高まる見込みです。


スマートフォンのアプリやVR技術、最新のSNSなど流行ものが好きな方にIT業界はおすすめです。


接客が好きならホテル・旅館業界

近年、日本政府が展開する多様な訪日プロモーションによって、訪日外国人の数は毎年1~3%増と右肩上がりに成長しています。


政府は東京オリンピックの2020年までに訪日外国人観光客数を4,000万人、2030年には6,000万人に拡大する目標を掲げており、今後も活況は続くことが予想されています。


好況の中、国外からの出資も増加していますが、人手不足が業界の問題として挙げられます。今後の動向を見据えた際に、接客が得意な方はホテル・旅館業界に転職するのもいいかもしれません。


体力がある方なら建設業界

東京オリンピックを前に、建設ラッシュが始まり、建設業界で人手不足が叫ばれています。さらに、職人たちの高齢化により今後建設業界全体での人手不足が予想されています。そのため、今後の建設業界を担う後継者となる人材を確保すべく多くの求人が出ています。


建設業は現場労働者としての就労が多いので、体力はもちろん必要になってきます。建設業では経験が重視される傾向にあるので、今のうちに転職しておいて、スキルアップしていくというのも良いかもしれません。


物作りが好きな方ならエンジニア

「Progate」や「TECH::EXPERT」などを利用すれば、未経験の方でも、オンラインで独学でプログラミングを学習していくことができます。


また、実務経験はない場合でも、自分自身で実際に何かを作りあげた経験は、スキルが身につくだけでなく、転職時のアピールポイントにもなります。


エンジニアといっても業務は様々で、ホームページ制作や簡単なシステムをつくる方もいれば、Webサーバの構築など多岐にわたります。


0→1や1→10などで物作りをしたいと考える方は、エンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。


バリバリと稼いでいきたい方なら営業職


営業職は他の業種と比べて、ノルマや営業成績によってインセンティブが多い傾向にあります。そのため、自分自身のスキル、能力次第で稼いでいくことが可能な職種です。


また、継続年数によって給与があがっていくという企業は少ないので、未経験者や勤続年数の少ない転職者でも結果を残していくことで、現在のご職業よりも高い給与が期待できます。


コミュニケーションスキルが高い方やチャレンジ精神が旺盛で、新しいことに取り組むことが好きな人は営業職で力を発揮してみてはいかがでしょうか。


細かい作業が得意なら経理職

現在は大企業でもベンチャー企業でも、日本中の会社で経理不足が嘆かれています。労働人口は年々減少していますが、法人の数は実はそうではありません。どのような企業でも求められる職種のため、需要が高いのです。


数字処理の職業なので、将来的にはAIに置き換えられるかもという懸念はありますが、実際の経理の職をみてみると人間の目で正当性・妥当性を判断することも多く、もしAIが普及してきたとしても、不必要になるということはないでしょう。


細かい作業は多いですが、専門性が高い職としてスキルアップを目指せるので一度、経理職も選択肢に入れて転職を考えてみてはいかがでしょうか。



転職するまでのおすすめステップ


転職は転職活動はおおまかに分けると「事前準備」「情報収集」「応募書類作成」「面接」「退職交渉」の5つのステップです。


そのため転職しようと思ってから、3ヶ月程度は見ておいた方がよいです。


焦って転職先を妥協したり、思っていたより長引き精神的に疲弊してしまうリスクを防ぐためにも、スケジュールを立てて計画的に行動をすることが重要です。


転職が初めての方は、ステップがわかったとしても行動しにくいこともあるかと思います。


そんなときは転職エージェントなどに登録して転職活動をサポートしてもらうことをオススメします。



おすすめの転職エージェント4選

それでは実際にあなたの志向や属性に合わせたおすすめのエージェントをご紹介していきます。


若手の方なら「マイナビエージェント」

20代の若手、第二新卒の方々には、マイナビエージェントがおすすめです。


20代に信頼されているエージェントNO.1(2018年1月 楽天リサーチ調べ)にも選ばれていて、求人数も急激に増えています。


マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。


業界・職種別に専任制のチームを編成しているため、業界や職種についての深い知識と理解を強みとしています。面倒見のいいエージェントとしても評判です。


「20代の転職マニュアル」「30代の転職マニュアル」など、あなたの年齢に沿った転職をサポートするコンテンツも充実しています。


ハイクラスの方なら「ビズリーチ」

ビズリーチはこれまでの実績や経験をもとに、さらなる成長を目指すハイクラスな方々におすすめです。


年収600万以上の方に支持される転職サービスNo.1(シード・プランニング社調べ)を獲得するなど、多くのエグゼクティブ層、ハイクラス、高年収の方々に最適なサービスです。


キャリアに関するプロフェッショナルである「ヘッドハンター」や企業からのダイレクトリクルーティングもあり、確度の高い転職活動を行うことが出来ます。


女性の方なら「Type女性の転職Agent」

女性におすすめの転職エージェントは、Type女性の転職Agentです。


Type女性の転職Agentは、女性向け転職エージェントとしてのサービス開始から、18年以上続く実績があります。


また、年間5000名以上のキャリアカウンセリング、年間数百名の転職支援実績があります。


女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介していることも特徴です。


また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。


東京・横浜など首都圏を中心に転職をお考えの女性は登録してみてはいかがでしょうか。


ベンチャー志望の方なら「ポテンシャライト」

当社ポテンシャライトは設立3年目で、累計130以上のIT・WEB業界などのベンチャー企業に特化した採用コンサルティング(社外人事)をしております。


企業情報を深く理解してますので、選考のポイントや募集の背景などもしっかりお伝えし、サポートさせていただけるのが当社の強みです。


ベンチャー企業に特化した採用コンサルティング会社として、経営者のこと、企業の内情や採用方針まですべて把握しているので、あなたの希望やキャリアプランにあった企業を必ずマッチングします。



転職エージェントのおすすめの活用方法

転職エージェントを上手く活用するための方法をご紹介していきます。


本音で話す

転職エージェントとの面談は面接ではありません。求職者には、紹介先でぜひ面接で受かってほしいという気持ちがあります。


経歴の詐称が、内定をもらった後に発覚して、内定を取り消しになることも過去にはありました。


嘘の経歴や建前で話しても、あなたにとってもエージェントにとってもプラスなことは何もないので、本音で話すよう心がけましょう。


こまめに連絡を取る

エージェントは、転職意欲の高い方に優先して求人を紹介しています。そのため、こまめに連絡を取り、「私は転職意欲が高いです」ということをアピールしましょう。


また、転職活動を行う中で、志向や挑戦してみたいことなどが変化してくるかもしれません。そうした際には、「◯◯な求人にも応募したいです」など、細かく連絡をとっていきましょう。


エージェントといい関係性を築くことも、転職を成功させるために大事なポイントです。


複数のエージェントを利用する


積極的に転職を考えている方は、複数のエージェントを利用することをオススメします。


求人量・業界知識・面接対策・職務経歴書添削など、エージェントごとに得意とするサービスは異なります。それらを上手く活用して使い分けましょう。


また、エージェントが独自で持っている案件を知ることができます。


ただし、同じ求人に複数のエージェントから応募することは大きな揉め事につながる危険性があるので、絶対にやめましょう。



自分にあったサービスを活用して、転職を成功させよう!

いかがでしたでしょうか。

本記事の内容を参考にしていただき、転職を成功させていきましょう。


また、既に志望する業界や職種があるなら、特化型エージェントを利用することをオススメします。


当社ポテンシャライトでは、スタートアップに特化した転職キャリア相談サービスを行っています。転職サイト・転職エージェントでは取り扱っていない厳選したスタートアップの求人をご紹介していることが特徴です。


スタートアップに特化した採用コンサルティング会社として、経営者のこと、企業の内情や採用方針まですべて把握しているので、あなたの希望やキャリアプランにあったスタートアップを必ずマッチングします。


まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!

ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)