【転職活動の準備】転職を成功させるにはいつから何をやれば良い?

「転職活動の準備って何をすればいいの...?」

「転職活動の準備はいつから始めればいい...?」


など、転職したいと思っているけど、何から始めればいいかわからず転職に踏み出せない方は多いのではないでしょうか。


今回の記事では、ベンチャー企業に特化した転職エージェントであるポテンシャライトが、転職活動を成功させるための準備方法をご紹介していきます。


準備を万全にして転職活動に臨みましょう!


転職活動の基本的な流れ

まず初めに、転職活動の基本的な流れを確認しておきましょう。


STEP1 事前準備

転職活動を始める前に転職の目的をはっきりとさせておきましょう。また、どの業界、職種にいきたいのか目星をつけます。


STEP2 情報収集

転職の目的が決まり転職の意志が固まったら、次は情報収集です。志望する業界の展望を調べたり、各会社の業績を有価証券報告書や四季報から、実際に働く人の声などをopenwork、転職会議などから集めてどの会社に転職したいか決めていきます。


STEP3 書類作成・応募

履歴書・職務経歴書は転職の際に必須といっても過言ではありません。しっかりと準備して書類選考を通過しましょう。


STEP4 面接

書類選考が通過したら面接を行うことになります。事前対策をして臨みましょう。


STEP5 内定・退職・引き継ぎ

無事、内定を頂いて承諾する意思が固まれば、現職に退職の意思を伝えましょう。その後引き継ぎを行った後、退職という流れになります。


転職活動の準備はいつから始めると良い?

上で紹介したように、転職活動はおおまかに、「事前準備」「情報収集」「応募書類作成」「面接」「退職交渉」の5つのステップにわかれています。


3ヶ月後に転職先企業へ入社をすると考え、逆算して計画を立てるのが良いでしょう。


焦って転職先を妥協したり、思っていたより長引き精神的に疲弊してしまうリスクを防ぐためにも、スケジュールを立てて計画的に行動をすることが重要です。


一般的な転職活動の期間は3ヶ月と覚えておきましょう。


転職活動で事前準備しておくと良いこと

転職活動をする前に事前準備しておくといいことをつ5つご紹介します。


キャリアプランを立てる

未来の自分がどうなっていたいかを見据えてキャリアプランを立てましょう。


最終的なキャリアの目標を打ち立てることで、1年後、5年後、10年後などに目指すべき姿が浮かび上がってくるのではないでしょうか。


それに向かって、今の自分に足りないことは何なのか、どうすれば目標となる姿に近づけるのかを考えて、今の自分の必要な要素を転職の軸として転職活動をしましょう。


キャリアの棚卸しをする

転職活動を始める前に必ずご自身のキャリアの棚卸しをしましょう。


どんなに輝かしい経歴や実績をお持ちでも、人事・採用担当者に伝わらなければ意味がありません。


応募書類は自分自身を企業に売り込むプレゼン資料のため、キャリアの棚卸しをした上で、入念に作り込みましょう。


また、面接時には「今まで何をしてきたのか」「うちで何を活かせるのか」ということは必ず聞かれますので、しっかりと言語化しておきましょう。


自分の強みや特徴を整理して、自分自身の良さを他人に伝えられるようにしておくことは転職活動前の準備では必須です。


転職理由を整理する

転職理由は、エージェントとの面談だけでなく、必ずと言っていいほど企業との面接で聞かれる内容です。転職活動を開始する前に必ず転職理由を整理しましょう。


転職理由の裏には、実は、あなたの仕事に対する志向や将来やりたいことなど様々な情報が隠れています。


転職理由を整理するコツは、「本音をあげる」こと、「キャリアプランと現状を照らし合わせてみる」ことです。


エージェントとの面談の際に整理するのも良いでしょう。


転職活動のスケジュールを立てる

いまこの記事をお読みのあなたは、「事前準備」の段階の方が多いと思います。


今後、「情報収集」「応募書類作成」「面接」「退職交渉」をしていく中でのスケジュールを自分の中で立てておきましょう。


一般的に転職期間は約3ヶ月と言われていますが、転職期間は現職の忙しさや転職に対しての志望度で変わってきます。


あらかじめ具体的なスケジュールを立てておくことで、「今の転職活動でいいんだろうか...」という転職活動中の不安が軽減されます。


具体的な企業情報を収集する

上場企業であれば有価証券報告書や四季報を見ることで社員の平均年収や平均年齢を知ることができます。


企業のプレスリリースを見たり、採用特設サイトなどからも情報を得ることができるでしょう。よりリアルな情報を知りたい場合は、転職会議やOpenWorkなど口コミサイトから情報収集しましょう。


転職活動を始める際によくある質問

Q.スキルや強みがなくても転職できる?

A.もちろんスキルや強みがある方がよいですが、若い方の転職であればさほど気にされる必要はないです。仕事への熱意やポテンシャルをみせることが採用に繋がります。30代以降でスキルや強みのない方の転職は、大幅に年収が下がることを覚悟しましょう。


Q.だいたいどのくらい受ければ内定が出るの?

A.一般的な選考フローの合格率は、書類選考で30%、一次面接で30%、最終面接で50%程度です。一つの企業に100人応募があれば、最終的には4~5人程度が内定を得るということです。このことから、平均的に10社程度は応募する想定で準備されることをオススメします。



転職活動の準備を万端にして、納得いく転職を!

いかがでしたでしょうか。転職活動の準備を万端にして、納得いく転職をしていきましょう!


とは言うものの、はじめての転職は不安や悩みがつきないものですよね。そんなときは、転職エージェントや転職サイトなどのサービスを上手く活用して、転職を成功させましょう。


当社ポテンシャライトでは転職のプロとしてあなたの転職をサポートします。


代表の山根は、人材業界で10年間キャリアカウンセラーとして、5,000人のキャリアをサポートして来ました。また、キャリアカウンセラーランキングで1位(3,000名中)を獲得した経験から人材業界では、トップランナーだと自負しています。


転職でお悩みの方は些細なことでもかまいません。まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!

転職のプロのエージェントに相談する(無料キャリア相談)

川口 紘征

1998年愛知県生まれ 22卒です。
東京在住・早稲田大学国語国文学科在学中。
100本以上の記事を執筆しています。