転職したいけど勇気が出ないと悩む方の具体的なアクション5選


様々な理由から「転職したいけど勇気が出ない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。


そこで今回の記事では、「転職したいけど勇気が出ない」とお悩みの方へ向けて、「勇気が出ない理由」「知ってほしいこと」「すべきこと」を転職のプロであるポテンシャライトが解説していきます。


勇気を出して転職して、理想のキャリアを実現しましょう!


転職したいけど勇気が出ないと悩む人は多い

ベンチャー企業に特化した転職エージェントとして、ポテンシャライトのキャリアコンサルタントが様々な社会人の方とキャリア相談をする中で、「転職したいけど勇気が出ない」とのお悩みはよくお聞きします。


日本の多くの企業が年功序列であることによる転職のしづらさや、今の仕事に不満を持ちながらも、環境の変化を恐れてアクションできないこともあるかと思います。


きっとこの記事をお読みの方も、転職に踏み切れない方が多いのではないでしょうか。この記事を通して、転職に踏み切る勇気を持ってもらうきっかけになればと思います。



転職したいけど勇気が出ない理由は?

まず初めに、転職したいけど勇気が出ないのはなぜかという理由について知っていきましょう。


自分に自信がない

自分への自信のなさから、


「転職しても上手くいくかわからない」

「転職して失敗するのが怖い」


という思いが強く、転職に踏み切れない方は多くいらっしゃいます。


キャリアプランが明確でない

今の仕事が向いているかわからず、他に向いている仕事があるのではないかとぼんやりとお思いの方に多いのが、「キャリアプランが明確でない」ということです。


実際、具体的なキャリアプランについてイメージができないまま転職をしても上手くいかないことが多いです。


経済的に不安がある

転職活動にはお金がかかるイメージがある方も多いのではないでしょうか。そうした経済的な不安から転職に踏み切れないという方もいらっしゃると思います。


しかし実際のところ、転職活動を在職中に行う場合、交通費や服飾費以外に必要な費用はほとんどありません。


経済的に不安をお持ちの方でも、10万円程度の貯蓄があれば、問題なく転職活動に取り組めるでしょう。


転職にネガティブイメージがある

勤続年数ごとに昇給や役職が与えられる年功序列の制度や新卒入社から定年まで勤めあげる終身雇用が良しとされてきた日本では、未だ「転職にネガティブなイメージがある」方も多くいらっしゃいます。


しかし、経団連会長及び日立製作所会長、中西宏明氏は「経済界は終身雇用なんてもう守れない。」トヨタ自動車社長、豊田章男氏も「終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないか」などと経済界の重鎮が終身雇用の見直しを言及しています。


こうした社会状況からも、今後はその時々で自分に合った企業に転職をすることがより一般的になるでしょう。



転職したいけど勇気が出ない方のアクション5選

続いて、転職したいけど勇気が出ない人がすべき具体的なアクションについて、5つご紹介していきます。


自己分析をする

自分を客観的に見て分析することで、普段意識していなかったような自分の考え、志向に気づけるかもしれません。また、自分の強みや弱みを明らかにできます。


自己分析は学生時代の就職時に取り組んだ経験がある方は多いと思いますが、改めて自己分析してみることで、今の仕事が本当に向いていないのか、他にやりたい仕事があるのか、など判断材料の一つになるでしょう。


キャリアプランを明確にする

転職したいけど勇気が出ない方は、未来の自分がどうなっていたいかを見据えてキャリアプランを明確にしましょう。


最終的なキャリアの目標を打ち立てることで、1年後、5年後、10年後などに目指すべき姿が浮かび上がってくるのではないでしょうか。


理想的なキャリアに向かって、今の自分に足りないことは何なのか、どうすれば目標となる姿に近づけるのかを考え、転職に踏み切るべきなのか否かの判断をしましょう。


友人や先輩に相談する

友人や先輩に相談することで、転職に踏み切る勇気が出る方も多いです。友人や先輩は程良い関係の第三者のため、客観的な視点からの意見やアドバイスを得られるでしょう。


同じ会社で働く友人や先輩であれば、あなたの状況を理解した上での意見が期待できます。また、別の会社で働く友人や先輩であれば、自分自身との環境比較ができ、新たな視点が得られると思います。


まずは友人や先輩に気軽に相談してみましょう。


転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することで、キャリアに関してのプロ(キャリアコンサルタント)と相談ができます。


また、現在の転職市場や業界についての知識が豊富なため、自分の興味のあることについて詳しく知ることができます。


そして、キャリアコンサルタントとの転職相談を通してキャリアの棚卸しをすることで、自分だけでは気づくことのできなかった自分自身の強みや、市場価値を知ることができます。


転職エージェントについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

転職エージェントとは?プロのエージェントがおすすめ活用方法を紹介


とりあえず行動してみる

上記で4つの具体的なアクションをご紹介しましたが、転職したいけど勇気が出ないと悩む方は、この他にも「とりあえず行動してみる」ことが大切です。


悩んだり、迷っているだけでは何も変化はおきません。


「情報収集をする」「様々な人と話す」「本を読む」「転職イベントに参加する」など、自分が気軽にできるもので構いません。


とりあえず行動してみることが一番大切です。



転職したいけど勇気が出ない人に知ってほしいこと

最後に、転職したいけど勇気が出ない人に知ってほしいことをご紹介します。


年齢を重ねるごとに転職はしづらくなる

自己分析やキャリアプランを明確にすることを通して、転職したいと思った方は、できるだけ早いタイミングで転職活動を始めることをオススメします。


なぜなら、年齢を重ねるごとに転職はしづらくなるからです。


特に20代であれば、未経験の業界や業種でもポテンシャルや熱意を買われて転職が可能です。30代でも、今までの経験や適応力次第で新しい仕事に挑戦することが可能です。


しかし、40代以降の転職となると、同じような業界、業種であれば転職は可能ですが、新たなことに挑戦することは難しいです。

年齢を重ねるごとに転職の難易度は上がっていくので、勇気が出ないまま時間だけが経っていくのは、本当にもったいないです。


転職活動をしても転職しなくても良い

転職を考える方の中には、現職の給与に不満がある方や、社会に出たときにどれくらい評価されるのか知りたい方もいらっしゃるのと思います。


転職活動をすることで、自分の市場価値がわかります。


そして、多くの方は「転職活動をするならば転職しなければならない」とお思いではないでしょうか。


しかし、転職活動をした結果、自分の市場価値がわかり、今の仕事に納得感を持って取り組むことができる方も多くいらっしゃいます。転職活動をしても転職しなくても良いのです。


転職エージェントを利用した場合も同じで、転職相談だけで終わる方も多くいらっしゃいます。


勇気が出ない方でも、とりあえず転職活動をしてみることをオススメします。



勇気を出して転職して、理想のキャリアを実現しよう!

いかがでしたでしょうか。勇気を出して転職して、理想のキャリアを実現していきましょう!


とは言うものの、はじめての転職は不安や悩みがつきないものですよね。そんなときは、転職エージェントや転職サイトなどのサービスを上手く活用して、転職を成功させましょう。


当社ポテンシャライトでは転職のプロとしてあなたの転職をサポートします。


代表の山根は、人材業界で10年間キャリアカウンセラーとして、5,000人のキャリアをサポートして来ました。また、キャリアカウンセラーランキングで1位(3,000名中)を獲得した経験から人材業界では、トップランナーだと自負しています。


転職でお悩みの方は些細なことでもかまいません。まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!
転職のプロのエージェントに相談する(無料キャリア相談)