30代女性の転職は全く問題ない!成功に導くポイントを解説

「キャリアや年収をアップさせたい」
「家庭との両立がしやすい職場に移りたい」


などの理由から、30代にしてはじめての転職を考えている女性は増えている傾向にあります。


ただ、「はじめての転職」ということや「30代女性」だからという理由で、上手くいくか不安という悩みを多くお聞きします。


今回の記事では、そんな方々へ向けてこの記事を書いていきます。


転職を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。


30代女性の転職は増加傾向にある

「30代の女性がはじめての転職をすること」に不安を感じている方へ、結論から述べると30代女性がはじめての転職でも全く問題ありません


また、20代と比較して、社会人としてある程度の経験・スキルがある30代は企業からの評価も高いです。


「キャリアや年収をアップさせたい」

「ワークライフバランスが安定している職場に移りたい」


など、転職を考えている30代の女性は年々増えています。


ただ、子育てのため時短勤務を希望する場合、求人要件とマッチしない場合もあるので、その点だけ注意しましょう。


30代女性の転職事例

それでは実際に30代ではじめての転職をされた方の事例を見ていきましょう。


30代半ばの女性弁護士。町の弁護士事務所から事業会社の法務へ

弁護士事務所から事業会社への法務へ転職。所謂、町の弁護士事務所で民事系の事案を多く抱えている方でした。


離婚や交通事故の事案はどうしてもネガティブな要素が多く、ご本人も精神的に参ってしまう事もあるようでまた、働き方も非常にハードワークで昼夜土日問わずの勤務が多かったです。


もう少しワークライフバランスを整えたいと老舗メーカーにご転職されました。


転職後は土日はしっかり休む事ができ、予防法務だけでなく、M&Aなどの戦略法務までに携わる事ができ、ご自身としてはやりがいを持ちながら勤務出来ているようです。


30代前半で大手メーカーからスタートアップに転職された女性

大手メーカーで、若くてしてマネジメントに抜擢されるなど、非常に順風満帆なキャリアを築いていました。


しかし、長期的な目線で大手の型にはまった仕事でなく、もう少し柔軟な提案や働き方をしたいとスタートアップに転職。


スタートアップに転職して家庭とのバランスが取りづらくなるのではと、少し不安を抱えていましたが、リモートワークをフル活用できるようになったため、反対に時間を自由に使えるようになりました。


経営陣に自由な提案をし、それを即時に実行に移せるスピード感にも非常にやりがいを持ち勤務できているようです。


30代女性におすすめの転職エージェント

30代の女性におすすめの転職エージェントをいくつかご紹介していきます。


Type女性の転職Agent

「type女性の転職Agent」は、大手転職サイト「type」から、女性向け転職に特化したエージェントサービスです。


女性向け転職エージェントとしてのサービス開始から、18年以上続いており、年間5000名以上のキャリアカウンセリング、年間数百名の転職支援実績があります。


自身も転職経験のある女性キャリアアドバイザーが多数在籍しているため、転職に際しての実体験や有益な情報を得られることも期待できます。


女性ならではの悩みや希望に沿ったキャリアプランを作成し、求人を紹介しているので、女性の方には特におすすめのエージェントです。


マイナビエージェント

まだ経験が浅くキャリアアップしたいと思われている方々には、マイナビエージェントがおすすめです。


マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。


業界・職種別に専任制のチームを編成しているため、業界や職種についての深い知識と理解を強みとしています。


また、第二新卒や30代向けの求人が豊富であるため、たくさんの求人を比較することができるでしょう。


他にも「30代の転職マニュアル」などが充実しており、あなたの年齢に沿った転職をサポートしてくれます。


ビズリーチ

上級管理職や経営幹部など、ハイスキルで、いわゆるエグゼクティブ層と呼ばれる30代の女性におすすめのエージェントはビズリーチです。


ビズリーチは、年収600万以上の方に支持される転職サービスNo.1(シード・プランニング社調べ)を獲得するなど、多くのエグゼクティブ層・ハイクラス・高年収の方々に利用されています。


キャリアに関するプロフェッショナルである「ヘッドハンター」や企業からのダイレクトリクルーティングもあり、確度の高い転職活動を行うことが出来ます。


30代女性の転職を成功に導くためのポイント

転職を成功に導くためのポイントを挙げていきます。


転職をする目的を明確に決める

転職を考えていらっしゃる方は、「キャリアや年収をアップさせたい」方や、「新しいことにチャレンジしたい」方、「ワークライフバランスが安定している職場に移りたい」と思っている方など、人それぞれの理由があると思います。


その上で、自分がなぜ転職したいのかということをいくつか明確に言語化してみて、その目的がその企業に転職することで達成出来るかを見極めることが大切です。


自分のやりたいことができるか確認する

転職したからといって、必ずしも、自分の理想の環境で思い通りの仕事ができるとは限らないのです。


そのため、情報収集や面接の際に、自分のやりたいことと企業から求められていることの乖離がないかをしっかりと確かめることが、ミスマッチを防ぐ為にも大切となってきます。


エージェントに本音で話す

転職エージェントを利用される方にありがちなのですが、カウンセリングの時に嘘や建前でお話をされる方がいらっしゃいます。


転職エージェントとのカウンセリングは面接ではありません。


エージェントは転職のプロですので、「年収をアップさせたい」「福利厚生のいいところで働きたい」など、転職希望者の本音は理解しています。


そのため、本音で話すこと自分が何を一番大切にするか伝えることが転職を成功させる上で非常に大切になってきます。


30代女性の転職で注意したい失敗例

注意しておきたい失敗例も見ておきましょう。


転職先に女性がごく少数だった

転職先の企業に女性がごく少数しかいない場合、苦労される方は多くいらっしゃいます。


女性ならではの産休休暇や生理休暇など、契約書類上では明記されていても今まで誰も利用したことのなかった休暇制度などは、フローなどが整備されておらず、取得しづらいということがあるかもしれません。


そのため、職場に女性の悩みを話すことが出来る女性の先輩社員がいるかどうかは、女性が転職する上で注意するべきポイントです。


同僚や上司との相性が悪い

面接で会った採用担当者の方との相性は良かったけれど、実際の職場の上司・同僚と相性が悪かったというケースもあります。


出会った人の魅力や雰囲気が決め手となって転職を決意することもあるとは思いますが、様々な人がいることを想定して、人間関係を気にしすぎないことが必要です。


また、内定承諾をする前に同じ部署の人とお話ししてみることもおすすめします。


転職先の内情をエージェントが十分に把握していなかった

転職先がベンチャー企業の場合、エージェントが内情を十分に理解しておらず、聞いていた話と違っていたということがあります。


ベンチャー企業の場合、仕組みや制度、仕事の進め方など実に様々です。


また、職種を跨いだタスクを任されることもあります。


そのため、ベンチャー企業に転職をお考えの際は、特に、ベンチャー企業に特化したエージェントを利用されることをおすすめします。



ベンチャー転職で失敗したくないなら、特化型エージェントに相談するのがおすすめ

ネットで情報収集をすればあらゆる求人票を比較したりすることは出来ますが、実際のところどうなの?と気になる方も多くいると思います。


そのため、直接人事や経営者の方と繋がりがあり、ベンチャーの内情をよく知っている、ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談することをオススメします。


ポテンシャライトでは、スタートアップに特化した転職キャリア相談サービスを行っています。


転職サイト・転職エージェントでは取り扱っていない厳選したスタートアップの求人をご紹介していることが特徴です。


ポテンシャライトのキャリアカウンセラーである山根は10年間で5000人を超えるキャリアカウンセリング実績、リクナビネクスト主催のキャリアカウンセラーランキングで1位を獲得しており、圧倒的な情報量が強みです。


スタートアップに特化した採用コンサルティング会社として、経営者のこと、企業の内情や採用方針まですべて把握しているので、あなたの希望やキャリアプランにあったスタートアップを必ずマッチングします。


まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!

ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)

川口 紘征

早稲田大学在学中。インターンとしてベンチャー企業複数社で活躍中。ライティング・マーケティングに精通しています。