転職エージェントにデメリットはある?プロのエージェントが内情を紹介

「転職エージェントって信用できるの?」
「転職エージェントのデメリットってある?」など


初めての転職で、転職エージェントを利用するか迷っている方の中には、上記の様にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回の記事では「そもそも転職エージェントとは何か」から「転職エージェントのメリットやデメリット」、「実際の転職の流れ」などを転職のプロであるポテンシャライトが解説していきます!


転職をお考えの方は是非ご一読ください!


転職エージェントとは?

では、そもそも転職エージェントとは何かご説明致します。


転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つで「求人を探す求職者」と「人材が欲しい企業」をマッチングすることが主な役割です。


求職者に対して転職エージェントは、スムーズに転職を進められるようサポートします。


具体的には

  • キャリア面談
  • 履歴書・職務経歴書添削
  • 面接の日程調整
  • 面接対策
  • 条件交渉 など

応募前から内定後まで幅広くサポートを行います。



転職エージェントが「うざい」「信用できない」と思われる理由

実際、「転職エージェント」と検索すると関連語として「うざい」「信用できない」などのワードをお見かけします。

それは何故なのでしょうか、よくお聞きする例をご紹介します。


頻繁に連絡がくる

転職エージェントをうざいと思う理由の一つとして、「頻繁に連絡がくる」ということが挙げられます。


もちろん、エージェント側はあなたの転職をサポートしようと悪気なく連絡を差し上げていますが、どうしても頻度が多いと「うざい」と思ってしまいますよね。


自分のペースで転職活動をしたいとお考えの方は、転職エージェントをうまく活用できない場合があります。


あなたの意向を無視して求人を提案される場合がある

転職エージェントの中にはあなたの意向を無視して求人を提案してくる方もいます。


転職エージェントは求人を募集している企業から報酬を受け取っています。そのため、求職者は無料でサービスを受けることができるのです。


企業が支払う費用はおおよそ、紹介した転職者の年収の約30%と言われています。

年収500万円の人が転職すれば約150万円がエージェントに支払われることとなります。


このビジネスモデルから考えると、担当者はどうにかして転職させたいと考えていることがお分かりいただけると思います。


とはいえ、転職エージェントは転職のプロです。あなたの希望を最大限かなえられる転職を実現してほしいと思っているエージェントももちろん沢山います。


しっかりと自分に合った担当者かどうか見極めて転職を成功させていきましょう!



実際、転職エージェントを使うデメリットを挙げるなら?

転職エージェントから見た転職エージェントを利用するデメリットをいくつか挙げてみます。メリットと比較して頂ければと思います。


自分のペースで転職がしづらい

転職エージェントを使うとどうしても自分のペースで転職がしづらいです。


転職エージェントでは、応募企業との面接日程調整や面接対策などあなたの転職がスムーズにいくようなサポートがあります。


こうしたサポートがかえって「自分のペースで転職できない」と不満に思われる方も少なからずいらっしゃいます。


担当者との相性に左右される

「転職エージェントの良さ=担当のキャリアコンサルタントの良さ」と言っても過言ではありません。


転職エージェントはあなたと企業の間に入ってお互いがマッチしているかなどを見極めているので、まずはあなたのことを正しく理解してもらう必要があります。


そのため、いくら評判の良いエージェントを利用したからといって、担当のキャリアコンサルタントとの相性が悪ければ、納得のいく転職をしていくことは難しいでしょう。


もしこの担当者と合わないな...と思った場合、担当者を変更してもらうことが可能なので、遠慮することなく変更依頼しましょう。


エージェントとのやりとりが面倒

転職エージェントを利用される場合、担当者との綿密なやりとりが必須となります。


担当者との面談を行なったり、求人紹介の電話が来たりと担当者がつくことでの手間も少なからず存在します。


場合によっては直接エージェントに行って対応しなければならないこともあります。


サポートを行ってくれる反面、担当者との関係性を構築しなければならないことを面倒と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。



転職エージェントはデメリットを上回るメリットもある

転職エージェントはうまく活用していくことでデメリットを上回るメリットもあります!

その中でも大きなものをいくつかご紹介していきます。


最小限のアクションで転職が可能

転職を考えているけど、現職が忙しくて転職準備の時間がない。なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。


確かに、どの企業に応募するか選んだり、一から書類を作成しなければならないとなると中々転職活動をする時間を確保できないかと思います。


転職エージェントでは、応募企業の選定から応募書類の添削、面談日程や入社日の調整まであなたの転職を最後までサポートしてくれます。


そのため時間がなくて転職活動を行う余裕がない方にとってもエージェントを利用することで最小限のアクションで転職が可能です。


転職市場を知りながら転職活動ができる

ご自身で転職活動をされる場合、転職市場を詳しく知ることは中々難しいのではないでしょうか。


転職エージェントは転職のプロですから、日々、市場の流れやトレンド、穴場などの情報を持っています。


転職は情報戦です。市場の裏を知って転職活動をすることで、転職を有利に進めていくことができるでしょう。


エージェントの独自案件に応募できる

転職エージェントには求人票を公にせず独自で管理している、いわゆる「非公開求人」が存在します。エージェントに登録することで、そうした非公開求人に応募できます


非公開求人には、新規事業立ち上げやハイポジションなどの求人が多く、選択肢の幅が広がるでしょう。


転職サイトを見て魅力的な求人がなかった場合でも、エージェントに相談して非公開求人を探してみてはいかがでしょうか。


担当者があなたのことを営業してくれる

面接で思う様に自分の考えを伝え切ることができなかった...なんて面接後に落ち込まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


転職サイト経由などで応募した場合、面接後のフォローも自分自身で行わなければなりませんが、転職エージェントを利用していれば面接後の所感なども企業とあなたの双方にヒヤリングを行いギャップを埋めるよう働きかけます。


書類選考の際にも同様で書類には記入することがあまりない、あなたの人柄の良さなどを企業に対して営業してもらうことができます。


退職のサポートも万全

現在のご職業を続けながら転職活動をされる方も多いと思います。


転職先が決まった場合、現在のご職業を退職することは避けては通れない道です。しかし、退職の際には何かとトラブルがつきものです。


転職エージェントでは退職のサポートも行っており、何かトラブルが発生した場合も心強い相談相手となってくれることでしょう。


トラブルがない様に退職するためにも転職エージェントをご活用いただければと思います。



転職エージェントの利用をおすすめできるのは、どんな人?

転職エージェントを活用していくことで効率よく転職活動を行うことが可能です。中でも特に転職エージェントの利用をおすすめする人の特徴をご紹介します。


・転職が初めての人

初めての転職活動だと分からないことが沢山あると思います。転職は事前準備がカギです。転職エージェントを利用することで、事前準備の段階から内定まで多岐にわたってサポートしてもらうことが可能です。


・転職活動に時間が取れない人

現職が忙しいなど転職活動に時間が取れずお困りの方もいるでしょう。転職エージェントを利用することで、面接の日程調整や各種やりとりなどを行ってもらえるので忙しい方でもスムーズに転職を行うことができます。    



転職エージェントを活用した転職の流れ

転職エージェントを利用していくステップをご紹介します。


1)登録 他の求人媒体と同じように、まずはご自身の情報を登録します。

職歴や学歴、希望年収などは具体的に記入することで面談前からエージェントがあなたへ合った求人を探しやすいです。


2)面談 登録後、エージェントから連絡が来て面談をする流れとなります。オンラインでも面談は可能です。面談ではあなたの強みや特徴を改めて整理したり、マッチしている求人があればその場で紹介されたりします。


3)応募 面談ののち、改めてエージェントから求人を複数件紹介されます。その中であなたが良いと思う企業に応募し、書類選考が行われます。書類選考が無事通過したらいよいよ面接です。面接対策などもエージェントではしっかりと行うことができます。


4)内定 書類選考、面接を無事通過することができ、内定を得ることができたら承諾するか判断します。入社日の調整や年収などの条件交渉もエージェントがフォローしてくれます。


おすすめの転職エージェントの選び方

転職エージェントを探す上で覚えておきたいポイントをご紹介します!


あなたの志望する業界、職種に詳しいか

転職エージェントごとに、持っている求人の種類や特徴が異なります。


エンジニアの方ならレバテックキャリア、管理部門の方ならMS-Japanなど、あなたの志望する業界や職種によって使うべきエージェントは変わってくるのです。


詳しくはこちらの記事をご参考にしていただけると幸いです。
あなたに合うおすすめ転職エージェントは?年齢別・職種別・業界別で紹介


求人の量は十分か

あなたに合った求人を探すのに、一万件の中から探すか、千件の中から探すかでは、どちらがよりあなたにマッチしている求人が見つかりやすいかは言うまでもないでしょう。


求人数が多いということは、より多くの企業から信頼されているということでもあります。求人の量は十分にあるかということもエージェントを選ぶ上で大事なポイントです。


サポート体制がしっかりしているか

転職エージェントごとにサポート体制は異なります。


具体的には、

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 模擬面接の実施
  • 日程調整
  • 条件交渉
  • 入社後のフォロー など、


どこまでサポートしてもらえるかも確認しておくと良いでしょう。


転職エージェントのおすすめ活用方法

転職エージェントを上手く活用していくために心がけていただきたいポイントをご紹介していきます。


本音で話す

転職エージェントとの面談は面接ではありません。求職者には、紹介先でぜひ面接で受かってほしいという気持ちがあります。


経歴の詐称が、内定をもらった後に発覚して、内定を取り消しになることも過去にはありました。


嘘の経歴や建前で話しても、あなたにとってもエージェントにとってもプラスなことは何もないので、本音で話すよう心がけましょう。


複数のエージェントを利用する

積極的に転職を考えている方は、複数のエージェントを利用することをオススメします。


求人量・業界知識・面接対策・職務経歴書添削など、エージェントごとに得意とするサービスは異なります。それらを上手く活用して使い分けましょう。


また、エージェントが独自で持っている案件を知ることができます。


ただし、同じ求人に複数のエージェントから応募することは大きな揉め事につながる危険性があるので、絶対にやめましょう。


報告・連絡・相談は早めに行う

社会人としての基本でもある「報告・連絡・相談」ですが、転職エージェントを利用する場合でもなるべく早めに行いましょう。


転職エージェントでは基本的にレスポンスの速い方に優先的に求人の紹介を行っていますし、複数の転職エージェントを利用している場合は特に進捗が気になるものです。


また、こまめに相談することで、その度にあなたに合った求人を探してくれることでしょう。


「報告・連絡・相談」をしっかりとして、担当のキャリアコンサルタントとの関係をよくしていきましょう!

転職エージェントをうまく活用して、転職を成功させよう!

いかがだったでしょうか。
転職エージェントをうまく活用して、あなたの転職を希望通りの転職を実現させましょう。


当社ポテンシャライトでは、スタートアップに特化した転職キャリア相談サービスを行っています。転職サイト・転職エージェントでは取り扱っていない厳選したスタートアップの求人をご紹介していることが特徴です。


スタートアップに特化した採用コンサルティング会社として、経営者のこと、企業の内情や採用方針まですべて把握しているので、あなたの希望やキャリアプランにあったスタートアップを必ずマッチングします。


まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!
ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)