転職のきっかけって何があるの?他の人がどう転職しているかの事例も紹介

なんとなく転職を考えているけれど「他の人はどのようなきっかけで転職するんだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。


今回の記事では、よくある転職のきっかけや事例をご紹介します。

この記事をお読みの皆さまが、ご自身の転職のアクションの参考にしていただけると幸いです!

転職のきっかけには何がある?

では実際に、転職をお考えの皆さまがどのようなきっかけで転職をするのかご紹介していきます!


キャリアアップがしたい

「今の職場の評価基準があいまいで昇格のイメージが掴めない」
「より高いレベルの環境で働きたい」
「専門的な知識や経験を積んでプロフェッショナルになりたい」


など、「キャリアアップがしたい」というきっかけで転職を考える方はよくいらっしゃいます。


ただ、新卒間もないなどの状況で、この転職理由は適切ではないです。キャリアアップがしたいという理由で転職をされる場合は、ある程度の期間勤めてから転職をされることをおすすめします。


年収を高めたい

生活していく上で、給与面は非常に大切な部分だと思います。
あなたも同年代の友人の給与や待遇などを聞いたりして、いまよりもっと給与面を重視で職を選択したい、年収を高めたいと思った経験がお有りではないでしょうか。


年収を高めたいと思うきっかけがあった時には、自分のスキル感などを客観的に分析し、想定年収を出して転職されると良いでしょう。


働き方や労働環境に不満がある

「残業が多すぎてライフワークバランスが崩れている」
「待遇の改善がされない」


など、働き方や労働環境への不満がきっかけで転職を決意される方も多いです。


これをきっかけに転職を考える場合、待遇の改善や具体的な要望などをしっかりと上長に伝え、様子をみてから転職に踏み切るようにしましょう。


プライベートで変化があった

今までは土日休日や深夜も働いていたけれど、結婚や出産などのプライベートの変化をきっかけとして、しっかりと休みが取れる職に転職される方も多いです。


またシフトが安定しないような職にお勤めの方も、シフトが安定した職を選びたいと思って転職する方が多くいらっしゃいます。


プライベートの変化は転職に踏み切るタイミングの一つです。


企業や業界の将来性

「企業規模が小さい」
「業界全体で縮小傾向にある」


など、企業や業界の将来性を考えたことが転職のきっかけになったという方もいらっしゃいます。


5年や10年も経たないうちに業界の動向は変わっているため、以前は好景気だった企業や業界でも現在、改めて見てみると将来性が低い場合もあります。


人間関係がきっかけ

「会社内で気の合う人がいない」
「会社の体育会っぽい雰囲気が苦手」


など、人間関係がきっかけで転職される方もいらっしゃいます。価値観の違う人と一緒に働き続けることはストレスも溜まり限界がありますよね。


転職する際には、事前に社内の人とコミュニケーションをとることや社風を肌で感じるために体験入社するなど工夫して転職に臨みましょう。



転職のきっかけがあった時、どうすればいい?

では上記に挙げたような転職のきっかけがあった時、どうすればいいのでしょうか?具体的にみていきましょう。


客観的な視点で考える

転職のきっかけを考えた際に、改めて客観的な視点で考えることが大切です。当事者である以上、転職理由は主観的になりがちです。


業務量が多く残業続きで、「増員の要望や業務のアウトソーシングを提案した」にもかかわらず、1年間状況が変わらなかった。


など、自分が問題解決のためにアクションを起こしたのか、結果としてどうだったのかなどを交えると、転職に踏み切るかどうかの判断が出来ると思います。


キャリアプランと転職のきっかけを結びつける

キャリアプランや人生において自分が働くことの目的と、転職のきっかけに繋がりがあること重要なポイントです。


なぜなら転職は、自分が理想としているキャリアプラン・働く目的と現状とのギャップを埋めるための手段だからです。


キャリアプランが応募している企業に入社することで実現しないのであれば、その転職のきっかけは不適切です。キャリアプラン、転職のきっかけが志望動機につなげられるかどうかも確認しておきましょう。


転職エージェントに相談する

転職をしようと思っても、自分一人で情報収集ができない、書類が書けない・・・そんな悩みをお持ちの方は転職エージェントに相談すると良いでしょう。


転職エージェントでは、情報収集や書類作成のお手伝いはもちろん、内定から逆算したスケジュール作りや、キャリア設計の相談も可能です。


未経験の業界に関しても、業界にしっかりと強みのあるエージェントを利用すれば、具体的なイメージを持って転職活動をすることが可能です。



転職のきっかけがあってから転職するまでの事例

では転職のきっかけがあってから転職するまでの事例をご紹介します。


ライフワークバランスの見直しがきっかけ

・残業が多すぎてライフワークバランスが崩れている

今の職場では入社当初から、毎日朝8時から夜10時までの勤務が常態化していました。


他部署でも同じ状況で、増員の要望や業務のアウトソーシングを提案しましたが、上長が多いため承認がおりず、結果として受け入れられなかったため転職を決意しました。


転職先では9時出勤、17時退勤の勤務がほとんどでライフワークバランスが安定し、満足されていらっしゃいます。


自身のスキルアップをきっかけ

・自身の営業力を高めたい


現職の営業チームでは、年功序列の風土であり、先輩から決められた商品をご提案することが求められていました。


新たな企画提案や顧客の新規開拓をしたいとの要望を伝えていましたが、そのチャンスを与えて頂くこともありませんでした。


今後、提案力を高めて、売り上げに貢献できる営業として活躍したいと考え、幅広い商品が揃っていて、若手でも参加できるチャレンジ制度をもっている企業に転職されました。



転職で失敗しないように、自己分析で準備を万全に!

転職の準備を万全にしておくことで、自信を持って転職に望めるでしょう。


しかし、はじめて転職を考えている方は、キャリアプランをたてるのに困ってしまったり、果たしてこの転職理由で適切なのか、などの悩みを抱えてしまい転職活動が止まってしまうこともあると思います。


そんなときは、転職エージェントを利用することで、キャリアプランの作成から、自己分析など多方面でサポートがもらえます。


当社ポテンシャライトでは、スタートアップに特化した転職キャリア相談サービスを行っています。


転職サイト・転職エージェントでは取り扱っていない厳選したスタートアップの求人をご紹介していることが特徴です。


スタートアップに特化した採用コンサルティング会社として、経営者のこと、企業の内情や採用方針まですべて把握しているので、あなたの希望やキャリアプランにあったスタートアップを必ずマッチングします。


まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!

ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)