転職の最終面接にのぞむ前に|面接がうまく行くためのポイントは?

「最終面接って今までの面接と何が違うの?」

「転職時の最終面接のポイントは?」


今回の記事では、転職活動中で、最終面接まで進めたけど今までの面接との違いがわからないとの悩みをお持ちの方や、最終面接のポイントを知りたい方へ向けて転職のプロであるポテンシャライトが最終面接に向けて必要な情報をご紹介していきます!


最終面接への準備をしっかりとして、転職を成功に導きましょう!


転職の最終面接は今までの面接と何が違う?

一次面接や二次面接といくつかの面接を経て、最終面接に臨むことになると思います。
では、最終面接は今までの面接と何が違うのでしょうか。


一般的に最終面接は、部署の責任者や上層部(経営者やCxO)が行う場合が多いでしょう。


そして、一次面接や二次面接はスキルや経験のように実務的な面を重視して選考されることが多く、最終面接では実際にあなたがこの会社に入って活躍できるのか、カルチャーフィットできそうなのか、入社意欲はどの程度なのかなど、スキルや経験だけでなく、人柄や入社意欲などを含めた総合的な面で採用の可否を判断されます。



企業によって、最終面接の立ち位置は全く異なる

最終面接の立ち位置は、企業によって大きく異なります。

本記事で取り扱っている転職者、中途採用の場合は、欠員や即戦力採用の場合が多く、できるだけ早いタイミングで入社をしてもらいたいと思っています。


そのため最終面接で面接官は、内定を出した場合、内定承諾を得ることができるのかという観点で採用の可否を判断していることも意識しておきましょう。


また、場合によってはいきなり最終面接で、即採用が頂ける場合もあります。

面接の前に入社後のイメージや、入社意思などを整理して臨むことで円滑な転職活動が可能となります。


このように企業によって最終面接の立ち位置は全く異なるので、一概に最終面接の通過率は何%などと申し上げることは難しいです。



最終面接でよく聞かれる質問・見られるポイントは?

それでは、最終面接でよく聞かれる質問や面接官が特に注目しているポイントについて具体的にご紹介していきます。


同業が複数社ある中で当社を選んだ決め手は何か?

最終面接では特に、

「なぜうちの企業なのか」

「あなたにとって他の企業との差は何か」

という点についてよく質問されるでしょう。


同業他社との違いをしっかりと理解して、その企業でしか経験できないことがある等と話し、御社を第一に志望する理由を明確に示すようにしましょう。


転職活動の状況はどうか?

最終面接において、企業が一番といっていいほど気になるのは、「内定を出したら入社してくれるのか」という点です。


そのため、現在のあなたの転職活動の状況を聞いた上で、内定を出すかどうかの判断がなされるといっても過言ではありません。


それを知ると、「受けているのは御社だけです」と言いたくなりますが、もし入社できないとなるとお互いにとって不利益となってしまいます。


正直に今の状況を伝えつつも、「御社が第一志望です」など、熱意を伝える様にしましょう。


最後に何か伝えたいことはありますか?

この質問は最後のアピールチャンスです。今までの面接の中で伝えそびれたことがあれば、このタイミングでしっかりとアピールしましょう。


もし、話の流れの中で全て話しきることができた場合は、最後にまとめとして、今まで面接や選考を行っていただいたことに感謝の意を伝え、御社への入社意欲を伝えましょう。


身だしなみはしっかりと

部署の責任者や上層部(経営者やCxO)が主に行う最終面接。やはり身だしなみは非常に見られるポイントの一つです。


必ずしもスーツで行く必要はありませんが、志望する企業の雰囲気に合わせて服装を選択しましょう。


寝ぐせやシャツのシワ、靴の汚れなど面接前には全身鏡で自分の姿を一見して、相手に不快な印象を与えないか確認して面接にのぞみましょう。


態度も重要なポイント

身だしなみと共に、オフィスに入館時の態度やマナーも見られている重要なポイントです。一次面接、二次面接と進むにつれて場所にも慣れ、多少の安心感が出てくるのではないでしょうか。


受付から面接は始まっています。オフィス内、エレベーター、帰路なども見られているという意識で面接に臨みましょう。


いくらあなたが素晴らしい経験やスキルをお持ちでも社会人としてのマナーがなっていないと得られる内定も得られませんよ。



最終面接がうまくいくための有効な対策とは?

最終面接でよく聞かれる質問や見られるポイントについてご紹介してきました。

続いて、最終面接をうまく通過するための有効な対策についてご紹介していきます。


今までの面接を振り返っておく

最終面接にのぞむ前に、一次面接、二次面接で聞かれた質問が何であったか、自分は何と答えたのか振り返っておきましょう。


最終面接で同じ質問をされる場合がありますが、そこの回答が今までと異なると一貫性がなく、面接官に不信感を与えてしまいます。


今までの面接を振り返り、回答に一貫性を持たせることや、自分自身が話そびれてしまって、最終面接で話したいことをまとめておきましょう。


逆質問はしっかりと用意する

最終面接では、「何か質問はありますか?」と聞かれることが多いです。

ここで、「特にありません。」「大丈夫です」と答えるのはあまり印象がよくありません。


また、企業のコーポレートサイトや求人を見ればわかる内容について聞くのも、準備不足だと思われてしまい、良くない印象を与えてしまいます。


検索しても出てこないであろう、「業務に関しての具体的な内容」や「社員に期待していること」などいくつか用意した上で最終面接にのぞみましょう。


キャリアビジョンを明確にする

最終面接にのぞむ上で大切なのが、自分のキャリアビジョンを明確にしておくことです。自分が実際に御社で働くイメージができていない場合、入社意欲を伝えることはなかなか難しいでしょう。


キャリアビジョンを明確にすることで「なぜここを選んだのか」「ここでしかできないことは何があるのか」が整理でき、「御社に絶対受かりたい」という気持ちで最終面接にのぞむことができるでしょう。


もし、キャリアビジョンを考えた際に違和感があった場合、最終面接でしっかりと思いの丈をぶつけ不安を解消できるとよいです。



最終面接の準備を万端にして、納得いく転職を!

この記事を参考にしていただき、最終面接の準備を万端にして納得のいく転職をしていきましょう!


しかし、はじめて最終面接に臨む方など、緊張してしまって思う様に準備できないなんてこともあると思います。


そんなときは、転職エージェントを利用することで、書類作成からその後の最終面接、内定後の条件交渉まで多岐にわたってサポートを受けることができます。


当社ポテンシャライトでは、スタートアップに特化した転職キャリア相談サービスを行っています。


転職サイト・転職エージェントでは取り扱っていない厳選したスタートアップの求人をご紹介していることが特徴です。


スタートアップに特化した採用コンサルティング会社として、経営者のこと、企業の内情や採用方針まですべて把握しているので、あなたの希望やキャリアプランにあったスタートアップを必ずマッチングします。


まずは、無料のキャリア相談サービスに登録してみてください!

ベンチャー企業に詳しいエージェントに相談する(無料キャリア相談)